[PR]

小野寺五典・防衛相(発言録)

 トランプ米大統領が6日の日米首脳会談後の共同記者会見で「非常に重要なのは(安倍晋三)首相が(米国から)膨大な量の兵器を買うことだ」と述べたことについて、小野寺五典防衛相は7日の閣議後会見で「米国の装備移転で様々な防衛力整備の充実に努めていきたい」と語った。

 トランプ氏は会見で、北朝鮮による弾道ミサイルが北海道上空を飛び越えた際、自衛隊が迎撃しなかったことを念頭に「首相が米国から多くの兵器の追加購入をしたときに、上空でミサイルを撃ち落とせるだろう」と強調。日本が米国製の防衛装備品を買うことで「我々には多くの仕事を、日本には多くの安全をつくる」と発言した。

 小野寺氏は7日の会見で、現在購入を進める最新鋭戦闘機F35Aなど米国製装備品の名前を挙げて「今後とも着実に防衛力を整備していきたい」と述べた。

こんなニュースも