[PR]

 芸能人の偽サインをインターネットで売ったとして、宮城県警は7日、仙台市青葉区宮町1丁目、イベント企画業六波羅(ろくはら)雄飛容疑者(29)ら4人を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。ネットの記録などから、4人が昨年1年間で色紙など約1万4千点を約6千人に売り、被害総額は約3千万円に上ると県警はみている。サインは印刷ではなく、本物の筆跡をまねて手書きされていたという。

 六波羅容疑者は「サインは自分が書いた。(偽物であっても)ファンが喜んでいるのでサイン本来の目的を果たしており、詐欺ではない」などと容疑を否認しているという。

 ほかに逮捕されたのは、遊技場従業員片岡まどか(25)=仙台市青葉区宮町1丁目=、会社役員六波羅弘美(69)=同市太白区長町3丁目=、無職兼子雄太郎(31)=同区金剛沢3丁目=の3容疑者。うち2人は容疑を否認し、1人は認否を保留している。

 県警によると逮捕容疑は、昨年10月~今年6月、ネットオークションに俳優の石原さとみさん、音楽グループ「GReeeeN」らのサインボールや色紙の偽物を「直筆」として出品。北九州市門司区の女性(48)や埼玉県八潮市の男性(35)ら3人に落札させ、計約1万2千円をだまし取ったというもの。

 県警は日常的にネット空間での犯罪を摘発する「サイバーパトロール」を実施。警察官が出品物を実際に購入し、芸能事務所に鑑定を依頼したところ、偽物だと判明した。県警は4人の役割分担や余罪の事実確認を進めている。(桑原紀彦)