[PR]

 サッカーJ1大宮の石井正忠・新監督(50)が7日、さいたま市内のクラブハウスで就任会見を行った。「(大宮の)前身のNTT関東時代に2年間所属したこともあり、思い入れはある。この状況をどうにかして脱したい」と、崖っぷちからのJ1残留に向けて抱負を語った。

 リーグ残り3試合で、大宮は5勝9分け17敗(勝ち点24)の17位。次節の結果次第では、J2降格が決まってしまう状況下での電撃就任だった。

 石井監督は2015年7月、現役時代の多くを過ごした鹿島で監督に就いた。昨季はJ1年間王者と天皇杯の2冠を達成。クラブワールドカップでもアジア勢初の決勝進出を果たすなど実績を残したが、今年5月にアジア・チャンピオンズリーグで敗れ、解任されていた。テレビ解説や欧州視察などで研鑽(けんさん)を積んでいた最中の監督就任の要請だった。「監督としてのオファーを受けるのは、どんな状況でもうれしい。厳しい状況の中、オファーをくれたところにクラブの強い意志を感じた」。こみ上げる感情を抑えきれず、言葉に詰まり、涙を浮かべる場面もあった。

 大宮の低迷の原因については「それぞれの選手は頑張っているが、一体感に欠ける。それをまとめて引っ張っていくのが大事」と分析。「勝負に対する執着心を伝えたい」と誓った。

 大宮の監督交代は今季2度目。森正志社長は「シーズンに2回も監督が代わった責任が、(自分に)ないと言うつもりはない。ただ、今は責任の取り方を考えるより、残留を最優先に考えてクラブ運営をしたい」と話した。(富山正浩)