[PR]

ミカン農家:井上信太郎さん(26)

 都会から来た若者たちが村を歩き、農作業を手伝う。高級ミカン「田村みかん」の産地として知られる和歌山県湯浅町の田村地区に、そんな光景を生み出している。

 海を望む高台にあるこの地区で生まれ育ち、昨春、200年続く「善兵衛農園」の7代目になった。紅葉のように色づき濃厚な味が特徴の「紅(べに)みかん」の栽培を父から受け継ぎ、栽培技術を磨きながら、高齢化が進む産地をいかに存続させるかを考えてきた。

 築90年の空き家を改装し、宿泊や自炊が可能な施設「紀家(きち)わくわく」を昨年8月にオープン。ここを拠点に都会から来た学生らが農家と食卓を囲んだり、ミカンの摘果や収穫などの作業を手伝ったりするようになった。

 施設を訪れた学生は、延べ10…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース