[PR]

 世界初の月面探査の国際レースに日本から唯一挑戦する民間の月面探査チーム「HAKUTO(ハクト)」(袴田武史代表)は8日、現在製作中の月面探査車「SORATO(ソラト)」を運ぶロケットの打ち上げを来年1~3月に延期すると発表した。これまでは12月28日の予定だった。

 SORATOはインドの月着陸機に取り付けられ、同国のロケットで打ち上げられる。12月19日にインドに空輸され、着陸機に相乗りするインドチームの拠点があるベンガルール(バンガロール)で一時保管される。打ち上げ約1カ月半前には着陸機への取り付け作業が行われるという。

 月面探査レースを主催する米国のXプライズ財団の担当者は8日、東京都内で審査会を開き、SORATOがレースの基準を満たしているかなどを調べた。(田中誠士)