[PR]

特派員リポート 杉崎慎弥(テヘラン支局長)

 トランプ米大統領が先月、2015年に米欧などとイランが結んだ核合意を「認めない」とするなど、仲が悪いことで何かと注目を集めるイランと米国の関係。両国関係が悪化し、国交断絶にまで至るきっかけとなったのが、1979年に起きたテヘランの米大使館人質事件だった。

 この事件を題材にして、米アカデミー賞の作品賞をとった映画の「アルゴ」を日本で見て、はらはらどきどきしたことを思い出す。事件から38周年の11月4日、旧米大使館前で毎年恒例の反米デモがあると聞き、取材に向かった。

 支局のあるテヘラン北部から中…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも