【動画】「ギミック・ジャケットの世界」ポップアップ編
[PR]

 仕掛けのあるレコード・ジャケットの魅力や楽しさを、レコード収集家の植村和紀さんが紹介する動画連載「ギミック・ジャケットの世界」。その2回目は、ポップアップ編の3点です。

 ジャケットを広げて組み立てるとピラミッドが完成するのです。米国西海岸出身のプログレシブロック系バンド、アンブロージアの2作目(1976年)。このころはオカルトブームの全盛期で、「ピラミッドには不思議な力が宿る」とよくいわれていました。それにあやかったような仕掛けです。

 アンブロージアが後に全米3位の大ヒット曲、「HOW MUCH I FEEL」と「BIGGEST PART OF ME」を生み出したのは事実。これこそピラミッド・パワー?

 次は一目瞭然。ジャケットを見開くとメンバーの4人全員が起立します。英国のプログレ・バンド、ジェスロ・タルの2作目(1969年)です。

 このアルバムが発売される前年には、ローリング・ストーンズが制作したTVショー「ロックンロール・サーカス」(公開は1996年)にジョン・レノンやザ・フー、エリック・クラプトンらと出演した人気グループです。

 最後は、英国のプログレ・バンド、バジャーのデビュー作(1973年)。ジャケットを広げた表側は、水墨画のような静謐(せいひつ)な世界が描かれています。その内側にかわいいアナグマが現れるという仕掛け。尻尾もちゃんとついています。(上林格)