【動画】開発されたアプリを使って手話の通訳をするロボホン=岩沢志気撮影
[PR]

 シャープのロボット型携帯電話「ロボホン」に手話通訳させるアプリを、同社やNTTデータなどが共同で開発した。手話を見せると、ロボホンが通訳して読み上げる。2018年度の実用化を目指す。

 8日、試作したアプリを使いデモンストレーションを行った。ロボホンに「おはよう」を意味する手話を見せると、数秒後にロボホンが「おはよう」と話す。

 インターネット経由でクラウド上にある人工知能(AI)に接続し、あらかじめ学習してある言葉を読み上げる仕組みだ。

 現時点では数十語にとどまるが、実用化までに約3千語を学習させるという。将来的にはホテルや会社の受付などでの活用のため、海外の手話や専門用語も使えるようにする計画だ。

 話し言葉を、背中の画面に表示する機能もある。ロボホンを仲介役に、手話と言葉でやりとりすることもできる。(岩沢志気)