[PR]

 日南市が6年前から試験栽培に取り組んできたオリーブの収穫に成功し、今秋からオリーブオイルの販売が市内で始まった。珍しい日南産のオリーブオイルは観光客らの人気を集め、市内の料理店でも活用されている。

 オリーブはモクセイ科の常緑高木。オリーブ油の原料として知られ、スペインなど地中海沿岸や地中海に似た気候の地域で主に栽培されている。国内では香川県・小豆島のオリーブが有名だ。

 日南市は近年、農業者の高齢化と後継者不足のため耕作放棄地が拡大。耕作放棄地に植える収入源になる作物を探っていた。その結果、温暖な気候で育ち、市内に多数生息するサルが嫌いなオリーブに白羽の矢を立てた。

 市が委託した15軒ほどの農家…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら