天皇、皇后両陛下が主催する秋の園遊会が9日、東京・元赤坂の赤坂御苑であり、約2千人が出席した。音楽プロデューサーの小室哲哉さんらが招かれた。皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻と長女眞子さまも出席した。

 小室さんは今年3月、ベトナム・ハノイで開かれた晩餐(ばんさん)会で、盲学校の子どもたちと一緒に演奏を披露した。これについて天皇陛下が「ずいぶん、ベトナムのために色々尽くされたのですね」と話すと、小室さんは「これからも色々な懸け橋となればいいなと思っております」と答えた。

 眞子さまと歓談中には、眞子さまの口から小室さんの代表曲「Get Wild」の名前が出たといい、「僕の楽曲について、色々みなさんにお話をしていただき、本当に感激しています」と話した。

 陛下は、リオ・パラリンピック競泳(視覚障害)で四つのメダルを獲得した木村敬一選手には自ら手を差し出して握手をし、「どうぞ体に気を付けてね」などと声をかけた。木村選手は「心の温かさを感じた」と話した。

 陸上女子400メートル(切断など)で銅メダルを獲得した辻沙絵選手は、陸上の前にハンドボールをしていた話をすると、皇后さまは「そこから陸上に転向されて。よかったですか」などと尋ねていた。

 昨年4月の地震で大きな被害を受けた熊本市の大西一史市長とも懇談。被災地の現状について説明を受けると、陛下は「どうぞ体を大事にして、これからも市民のためによろしくね」と話した。大西市長は「更に復興に向けて頑張らなければならないと決意を新たにした」と感想を話した。(緒方雄大、島康彦