[PR]

 サンシャイン水族館(東京都豊島区)は8日、同館の大水槽「サンシャインラグーン」内で、トビエイやタカサゴなど計24種1235匹の魚が死んでいるのが見つかったと発表した。水中の酸素が足りなくなった可能性が高いという。生き残ったトラフザメなど約70匹で9日朝から展示を再開しており、今後少しずつ増やしていくという。

 同館によると、一部の魚の病気治療のため、7日朝に薬を水槽に入れており、効果を高めようと、たんぱく質を除去しながら酸素を供給する装置も一時的に停止した。別の装置で酸素を送っていたが、供給量が足りなくなったとみられるという。同館の担当者は「設計時には装置を止めても酸素濃度を保てる見込みだったが、当初より魚が大きくなったことで酸素が足りなくなったようだ」と話している。