[PR]

 大津市立坂本小学校の4年生74人が9日、地元産の秋の味覚「坂本菊」を味わった。総合学習の一環。校内で地元住民の協力を得て栽培し、7日に収穫した。

 「坂本菊」は天台宗の開祖最澄が、お茶や竹とともに日本へ持ち帰ったと伝えられている。平安時代から、食用菊として比叡山のふもとの坂本地区で栽培されてきたとされる。

 学校では4年生が総合学習で坂本菊を学び、校内の中庭で約100株の菊を育ててきた。調理室に集まった児童たちは、地元で20年以上栽培に携わる園田芳邦さん(85)の説明を聞いた後、食用菊のおひたしを味わった。「おいしい」「シャキシャキしている」などと声を上げながら、箸を進めていた。

 坂本菊は天候に左右されやすく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら