[PR]

 全国の中学生が科学の思考力や技能を競う「第5回科学の甲子園ジュニア全国大会」が12月1~3日、つくば市のつくば国際会議場などで開かれる。都道府県大会で選ばれた47チームが筆記と実技競技に取り組み、総合点で競い合う。

 大会を主催する国立研究開発法人科学技術振興機構によると、これまで東京で開かれていたが、今回からつくば市で開くことになったという。1日に筆記競技が、2日に実技競技2種目があり、3日に表彰式をする。チームは中学1、2年生の6人で、実技は工作と実験の2種類からなり、3人ずつに分かれて挑む。

 工作の課題は事前に公開されていて、今回は「一辺45センチの立方体内に収まる大きさで、金属球がなるべくゆっくりと転がり落ちるコースをプラスチック板などで作る」というもの。会場で90分以内に作らなければならない。

 全国約2万8千人の中学生が都…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら