[PR]

 (10日、明治神宮大会1回戦 日本航空石川7―6日大三)

 高校の部の日大三―日本航空石川は九回を終えて6―6。大会規定により、延長十回から無死一、二塁で始めるタイブレークの末、日本航空石川が勝利した。

 打順は選択制。2番から攻撃を始めた日大三は犠打で1死二、三塁としたが、後続が続かず。日本航空石川は、3番原田が安打を放って無死満塁とし、続く上田の打席で日大三が捕逸。サヨナラとなった。

 タイブレーク制は来春の選抜大会で導入が決まっている。十回を抑えた日本航空石川の右腕大橋は「一度経験できたので、もし選抜でもタイブレークになったら、今日以上に強い気持ちで投げたい」と話した。