[PR]

 希望の党は10日、東京・永田町の憲政記念館で両院議員総会を開き、共同代表に玉木雄一郎衆院議員(48)を選んだ。小池百合子代表に近い結党メンバーらが支援。立憲民主党などとの連携を訴えた大串博志衆院議員(52)との一騎打ちを制した。玉木氏は週明けに執行部人事を固め、特別国会での本格論戦に向けて、挙党態勢の構築を急ぐ。

 任期は2020年9月まで。10日午前の総会で玉木氏は「志を同じくする仲間を幅広く募り、希望の党を政権を任せてもらえる政党に育てたい」と訴えた。党所属国会議員53人が投票した結果、玉木氏は39票、大串氏は14票だった。

 8日に告示された共同代表選で玉木氏は「寛容な改革保守を綱領で明確にし、すばらしい立ち位置だ」と述べ、小池氏が打ち出した路線を踏襲する考えを強調。焦点の憲法改正では、「9条も含めてしっかりと議論すべき立場だ」と唱え、自衛権のあり方について議論を深める考えを打ち出した。そのうえで「優先順位の高いものは、地方分権、知る権利、解散権の制約などだ」と訴えた。

 安全保障法制も事実上容認し、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら