[PR]

 自民党の森山裕・国会対策委員長は10日午前、国会内で野党第1党の立憲民主党の辻元清美・国対委員長と会談し、国会の各委員会での質問時間の割合について「与党5対野党5」にしたいとの考えを伝えた。国政全般について議論する衆院予算委員会では「与党2対野党8」が現行となっており、辻元氏は「受け入れられない」と拒否した。

 森山氏は会談後、衆院選で自民が大勝した後の議席数に応じて配分すれば与党7対野党3になるが、「(野党を含めた国会の)会派数も多いことを考慮して、5対5でいこうというのが我々の方針だ」と記者団に説明。今後は各委員会の理事会で野党側と協議していくことになるという。

 会談では、学校法人「加計(かけ)学園」による獣医学部が来春に開学する見通しになったことを受け、特別国会での対応についても協議。森山、辻元両氏は14日午後にも衆院文部科学委員会で審議することで合意した。

 ただ、与党側が質問時間の配分…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも