[PR]

 鳥取市出身で2月に69歳で亡くなった漫画家谷口ジローさんの未発表の作品を収録した単行本「光年の森」と「いざなうもの」が小学館から12月8日に出版される。

 「光年の森」は9月27日にフランスで既に刊行されている。日本語版を小学館が出版する。小学館によると、フランスの出版社からの依頼で谷口さんが描いたもの。オールカラーで、全5話構成の予定だったが、完成したのは1話目のみで、単行本には2話目のネーム(コマ割りなど)までが収録されるという。

 山間部の小学校に転校してきた少年が森に守られながら成長していく話で、途中途中に不思議な生き物が登場する。森の開発計画が浮上し、子どもたちが森を守るために立ち上がり、不思議な生き物が子どもたちを助けてくれるという構想だったという。

 「いざなうもの」に収録された…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら