てんでんこ 皇室と震災・第3部6

 1991年7月10日、九州南部は前日に梅雨明けし、長崎にも晴れ間が広がった。長崎空港から自衛隊のヘリで島原市に入った両陛下はまず、被災状況を聴取するため、旅館「南風楼」に車で向かった。5階の特別室ではなく、1階の普通の客室を使った。

 島原市長の鐘ケ江管一(かねがえかんいち)さん(86)らから説明を聞いた後、昼食をともにした。メニューはカレーライス、フルーツ、コーヒー。通常の地方訪問では「松花堂弁当」のようなメニューが多いが、この時、旅館は宮内庁側からカレーライスを指定されたという。鐘ケ江さんは「被災地に負担をかけまいと、ごく簡単なものを注文なさったのでは」と推し量る。

 これに先立ち、両陛下は南風楼…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら