[PR]

 ソフトバンクの川島慶三内野手(34)は10日、球団事務所を訪れ、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留することを表明した。球団からの「ぜひ残ってくれ」という言葉が決め手になったといい、「うれしい言葉を言っていただき、すごく幸せを感じた」と話した。今季は移籍4年目で最多の81試合に出場。主に対左投手の切り札として3割台後半の高い出塁率を残した。日本シリーズ第6戦では、チームの日本一を決めるサヨナラ打を放った。