[PR]

 神戸製鋼所が10日に公表した検査データ改ざん問題の報告書からは、収益優先で閉鎖的な組織風土、品質軽視の姿勢が浮かび上がった。ただ、今回の社内調査では不正の時期や具体的な手法はわからずじまい。信頼回復への最終的な取り組みは、外部調査委員会が年内をめどにまとめる検証結果の後に着手する。

 「収益が上がっている限り、問題を把握しようという姿勢が不十分だった」「外部からの牽制(けんせい)機能がほとんど働かない状態」「クレームがない限り、仕様の軽視が許容された」

 10日に神鋼が発表した、社内調査に基づく報告書は、不正の原因を列挙し、自社の体質を批判した。

 この日の記者会見で、川崎博也…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも