[PR]

(10日、フィギュアスケート・NHK杯女子SP)

 女子SPの得点は日本勢2番目の65・05点で6位。約11カ月ぶりに実戦復帰した宮原知子は「なんとかジャンプを降りることができて、ほっとした」と振り返る一方、「自分のベストではない」と悔しさをにじませた。

 冒頭の3回転ルッツの着氷でつまると、3回転トーループの予定を2回転に変更。ほかの2本のジャンプでもほとんど加点をもらえず、技術点が伸び悩んだ。銀メダルを獲得した2016年のGPファイナルで出した74・64点の自己ベストにはまだ遠い。

 左股関節の疲労骨折で昨季後半…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら