[PR]

 野球の明治神宮大会第2日は11日、高校の部で準々決勝2試合が行われる。見どころを紹介する。

 【大阪桐蔭(近畿・大阪)―駒大苫小牧(北海道)】

 集中打でビッグイニングを作るのが持ち味の駒大苫小牧だが、大阪桐蔭の強力投手陣から連打するのは簡単ではない。北海道大会の決勝で本塁打を放った3番舞原ら、中軸に流れを引き寄せる長打を期待したい。

 大阪桐蔭は1番藤原が一回に出塁すると、強力打線が一気に勢いづく。駒大苫小牧のエース大西としては、まずは立ち上がりに全神経を集中したい。