[PR]

共闘の対局忘れずに 饗場和彦・徳島大教授(政治学)

 「玉木さんにはがっかりだ」。私が住む高松市庵治町でも希望の党を嫌う人はけっこういる。しかし選挙後、しだいに“小池臭”が蒸散してくると、この党の存在意義が見えてくる。

 安保法制は、「踏み絵」の政策協定書で「基本的に容認」とあったものの、最終文書ではそれは消え、「憲法にのっとり適切に運用する。その上で不断の見直しを行い」と変わった。なので、安保法制の違憲の部分は「運用」できないはずだ。集団的自衛権の違憲性を国会で問うてきた玉木氏には、まずこの点で期待がかかる。

 憲法はどうか。希望の党は9条…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら