[PR]

 トランプ米大統領は10日、訪問中のベトナムで演説し、「自由で開かれたインド太平洋」構想に基づきアジアへの関与を強める方針を示した。公平と平等の原則のもと、二国間の貿易協定を目指していく考えを強調。多国間の枠組みを否定した。一方、直後に演説した中国の習近平(シーチンピン)国家主席は「多国間の貿易体制」を支持するなど、米中の立場の違いが鮮明になった。

 トランプ氏は北京からベトナム・ダナン入りし、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の関連会合で演説。同構想は初のアジア外遊にあわせ、現政権がアジアにどう関与していくかを示すために発表された。

 トランプ氏は「今日、インド太平洋地域のすべての国との友好と通商の絆を強めるため、米国との新たな協力関係を提案する」と宣言。米国と貿易する場合は公平さと相互主義を原則とし、「忠実にルールに従い、双方に開かれた市場とするよう望む」と訴えた。

 この構想の背景には中国の存在…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも