[PR]

 不正に入手した他人名義のキャッシュカードで現金を引き出したとして、兵庫県警は10日、毎日新聞大阪本社の元編集局次長でフリーライターの藤原規洋(のりひろ)容疑者(62)=同県西宮市名塩平成台=を窃盗容疑で逮捕し、発表した。「まったく身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 捜査3課によると、藤原容疑者は2015年12月22日未明、同県三田市内の60代男性のカードを使い、同市内のコンビニエンスストア2店の現金自動出入機(ATM)から現金計65万円を引き出した疑いがある。男性から「口座から知らないうちに金が引き出された」と相談を受け、県警が防犯カメラの映像などを捜査。男性は藤原容疑者と面識がなく、県警はカードの入手経緯を調べる。

 藤原容疑者は10月31日、車のトランクにバールを隠し持っていたとする特殊開錠用具所持禁止法違反容疑で逮捕され、神戸地検が今月10日に同罪で起訴した。

 毎日新聞大阪本社によると、藤原容疑者は経済部長や編集局次長、制作技術局長を務め、14年に定年退職した。その後、フリーライターとして関連会社の仕事を引き受けていた。同社代表室は「元幹部社員が逮捕されたことは誠に遺憾」とするコメントを出した。