[PR]

 ローマ・カトリック教会総本山のバチカンで10日、核兵器のない世界と核軍縮をテーマにしたシンポジウムが2日間の日程で開幕した。ローマ法王庁の主催で、日本からは長崎で被爆した和田征子さん(74)らが招待された。和田さんは11日に演説し、被爆者としての証言を交え「核兵器廃絶は核兵器をつくった人類の責任」と、核廃絶を強く訴えた。

 和田さんは横浜市在住で、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局次長を務める。1歳の時に長崎市の自宅で被爆し、母から聞いた話を国内外で証言してきた。

 フランシスコ法王は10日、和田さんらシンポジウムの出席者と面会し、「核兵器は人類の平和と共存し得ない。被爆者の証言は不可欠で、その警告が次世代に届きますように」と語りかけた。和田さんは赤と金の2色の折り紙で折った鶴を法王に手渡した。

 和田さんは11日の演説で、被爆後の惨状と今も続く被爆者の苦しみを紹介しながら「非人道的な核兵器は廃絶すべきだ」と強調。国連で7月に採択された核兵器禁止条約に日本政府が署名・批准するよう訴え、総立ちになった出席者から大きな拍手を受けた。(バチカン=河原田慎一)

こんなニュースも