[PR]

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)開幕戦、ヘーレンフェイン(オランダ)大会は10日始まり、女子団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、高木菜那(日本電産サンキョー)の日本は2分55秒77の世界新記録で優勝した。2位はオランダで2分59秒06、3位はカナダで3分0秒65だった。