【動画】滋賀県東近江市の奥永源寺地区で自動車の自動運転サービスの実証実験が始まった=真田嶺撮影
[PR]

 高齢化が進む中山間地域での自動車の自動運転サービスの実証実験が11日、東近江市の奥永源寺地区で始まった。関係者らが自動運転サービスで動くマイクロバスに試乗し、体感した。

 中山間地域での交通や物流手段を確保する目的で、国土交通省が全国13カ所の道の駅などで順次実施。2020年までにサービス導入を目指している。今回の実証実験では、磁気マーカーで車の位置を特定する精度や、道路で対向してくる一般の車とすれ違うための条件などを主に検証していくという。

 奥永源寺地区で利用する車は20人乗りマイクロバスで、搭載されている高精度GPSや路面に埋め込まれた磁気マーカーを頼りに、事前にプログラムされたルートを進む。バス前面には光を利用した測距装置やカメラがあり、前方に障害物が出てきた場合は感知して、自動で停止するという。

 この日の試乗では運転手が同乗…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら