[PR]

 実態のない投資話を持ちかけて顧客から現金約1億8千万円をだましとったとして、警視庁は15日、健康食品卸売会社「ロイヤルフーズ」(東京都品川区)社長の原田一弥容疑者(63)=静岡県熱海市=ら6人を組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで逮捕した。元従業員2人も15日中に逮捕する。捜査関係者への取材でわかった。同庁は、同社が1千人超から約60億円を集めていたとみて、実態解明を進める。

 捜査関係者によると、原田容疑者らは2013年12月~14年10月、「2年で12%の利息がつく」などとして輸入ワインやオリジナル化粧品など実態のない事業への出資を持ちかけ、都内の70代女性ら8人から現金計約1億8千万円を詐取した疑いがある。

 信用調査会社などによると、同社は1988年に創業。商店街などに期間限定で店舗を設けて日用品などを格安で売るとして客を集めた後、セミナー形式で健康食品などを宣伝、販売する「宣伝講習販売」の手法を用いていた。有名歌手が出演するディナーショーや、ツアー旅行なども企画して客を集めていた。

 08年5月に東京都から業務停止3カ月の処分を受けると次第に経営が悪化。このころから架空の投資話で金を集め始めたと、同庁はみている。同社をめぐっては「預けた金が返ってこない」などの被害相談が警察などに寄せられていた。

 警視庁は今年3月、同社や関係先を出資法違反の疑いで家宅捜索していた。