[PR]

 土庄町伊喜末で、収穫したサツマイモのつるを使った高さ約4メートルの「芋づるの塔」が二つ完成した、中塚正春撮影。

 かつて牛を飼育していた伊喜末ではつるを乾燥させて飼料にしており、この時期の風物詩だった。地元の「よつみいきいき協議会」が2010年に塔づくりを復活させた。参加した小学生は「芋掘りは手が汚れて大変だったけど、来年も参加したい」と話した。