[PR]

 東京・上野の東京国立博物館で開かれている特別展「運慶」(朝日新聞社など主催)の入場者数が40万人を超え、14日に記念セレモニーがあった。好評を受け、閉幕の26日を含めて最後の5日間は午後9時まで開館することも決まった。

 通常の開館時間は午前9時半~午後5時(金、土曜は午後9時まで)。22~26日は曜日にかかわらず午後9時閉館になる。入館は閉館の30分前まで。期間中、同館の本館、東洋館、法隆寺宝物館も午後9時まで開館する。

 セレモニーでは、埼玉県越谷市の主婦、青木陽子さん(37)に図録や興福寺特製の御朱印帳、カレンダーなどが贈られた。小学校が休校だった息子の唱太くん(6)、娘の日奈子ちゃん(2)、母の服部京子さん(63)と一緒に来館。「360度回って見られる展示が楽しみ。お寺では見られない光背の後ろや足元など細かいところまで見たい」と話した。

 待ち時間などの情報は公式サイト(http://unkei2017.jp/別ウインドウで開きます)やツイッター(@unkei2017komi)で見られる。