[PR]

 「ミスジャッジもまた野球」というおおらかな時代は、もう終わり。日本野球機構(NPB)は13日、来季からNPBリプレー検証制度「リクエスト」の導入を決めた。

 導入の理由について、リプレー検証検討委員会の江幡秀則委員長(ヤクルト球団専務)は「テニスやバレーボール、最近はサッカーなど、スポーツ界では映像を使った検証が導入されるようになった。野球界でも大リーグなどが数年前から導入しており、日本プロ野球でも判定に対し、より客観性を求める声が強くなっている」と語る。

 ルールブックに明記されている「審判員の裁定に対して、異議を唱えることは許されない」(野球規則8・02)はそのままで、新制度はセ、パ両リーグのアグリーメントに記載して運用する。リプレー検証による判定への異議は認めず、退場の対象となる。

 日本でリプレー検証が導入されたのは2010年。当初は本塁打の判定のみだったが、その後に範囲が少しずつ拡大された。昨季からは本塁でのコリジョン(衝突)を含むクロスプレー、今季からは二塁などでの併殺阻止の危険なスライディングも対象となった。しかし、映像を確認するかどうかは審判員の判断だった。それが、来季から監督に「権利」として与えることになった。

 NPBが参考にしたのは、大リ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも