[PR]

 手元に政治学者・丸山眞男氏からの手紙がある。便箋(びんせん)に5枚、横書きで記されている。1988(昭和63)年10月、昭和天皇の病気に伴い、さまざまな「自粛」が社会を覆っていたころのものだ。

 敗戦直後から、天皇制をはじめ、日本の「無責任の体系」を鋭く批判した丸山氏は、88年当時、マスコミには登場しなかった。だが、この手紙では「自粛の全体主義」の見方や、天皇制の歴史的な展望の必要性、マスコミへの批判などを書いている。週刊誌「朝日ジャーナル」の記者だった私が、意見を聞かせてほしい、と送った便りへの返事だ。

 今までは公表しないできた。「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも