[PR]

 率直な物言いで「似ている」と言われてきたトランプ米大統領とフィリピンのドゥテルテ大統領が13日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の会議が開催されたマニラで初めて会談した。人権問題などをめぐり両国関係が急激に悪化したオバマ前米政権時代から一転、お互いを持ち上げ、よりを戻した様子をアピールした。

 「我々はすばらしい関係を築いている。大変な成功だ」。会談の冒頭、トランプ氏はドゥテルテ氏にこう語りかけた。「フィリピンとの関係はどんなことがあっても良くなっていく」と述べ、関係改善を進める考えを強調。別の会合では、「ロドリゴ」と親しみを込めてファーストネームで呼びかけた。

 一方、ドゥテルテ氏は12日の夕食会で舞台に立ち、トランプ氏を前にラブソングを披露。歌い終わると「米国の最高司令官の命によって歌いました」と話して笑いを誘った。フィリピンのロッケ大統領報道官によると、ドゥテルテ氏の鼻歌を聞いたトランプ氏に「歌って」とたのまれ、マイクの前に立ったという。

 式典や写真撮影のたび、両者は…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら