[PR]

 過重労働が問題となっている医師の働き方について、全国医学部長病院長会議は13日、教育や研究を担う大学病院の医師の特性に配慮し、地域医療に影響を及ぼさないよう求める声明を発表した。

 声明によると、大学病院では診療に加え、人材を養成する教育と、高度先進医療を開発する研究の三つの活動が混在していると指摘。大学病院には一般病院と区別した配慮を求め、事務作業などの仕事を医師以外の他職種に割り振るための制度的、財政的支援を要望した。

 同会議の新井一会長は「過重労働は是正しなければならないが、医師としてのプロ意識を育てていくことも大事だ」と話した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/