[PR]

 東京都中野区白鷺1丁目の介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」で8月、入居者の男性(当時83)を殺害したとして、警視庁は14日、ホーム元職員の皆川久容疑者(25)=東京都杉並区方南2丁目=を殺人の疑いで逮捕し、発表した。「粗相を何回もされ、殺してしまった」と述べ、容疑を認めているという。

 捜査1課によると、皆川容疑者は8月22日早朝、ホーム1階の浴室で入居者の藤沢皖(かん)さんを空の浴槽に投げ入れ、お湯を張って窒息させて殺害した疑いがある。司法解剖の結果、死因は溺死(できし)で、首には絞められたような痕があった。

 当時、皆川容疑者ら職員2人で当直勤務中だったが、皆川容疑者が藤沢さんの担当だったことや、もう一人の職員は別の階から移動した形跡がないことなどから、同課は皆川容疑者以外に藤沢さんの死亡に関与した人物はいないと判断した。

 皆川容疑者は当初、「藤沢さんの入浴中に別の入居者に呼び出され、目を離していた。戻ったら溺れていた」と説明していたという。藤沢さんは難病を患っており、日常的に介助が無ければ生活ができない状態だったという。

 ホームを運営するニチイケアパレスは9月中旬、朝日新聞の取材に「亡くなった方がいるのは事実です。ご家族への説明はしました。警察の捜査に協力している段階なので、他のことはお答えできません」とコメントしていた。