【動画】暴行を受けたとされる翌日の貴ノ岩
[PR]

 大相撲の東横綱日馬富士(33)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が九州場所前の秋巡業中、同じモンゴル人力士の東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に対して暴行を加えていたことが14日、分かった。日馬富士はこの日朝のけいこ後に謝罪、休場を決めた。「貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の皆様、相撲協会、私の部屋の親方に大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と頭を下げた。

 関係者によると、日馬富士は10月26日に鳥取市で開催された巡業のあと、力士同士の会合で酒に酔い、暴行に及んだ。貴ノ岩は巡業後、11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院したという。九州場所は12日の初日から休場している。日本相撲協会からは2日目の13日に「脳振盪(しんとう)、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋(ずがい)底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」の診断書が公表されていた。

 診断書では、状態が安定すれば九州場所で復帰できるとしているが、途中出場するかどうかは分からない。

 事態を重く見た日本相撲協会は、14日午前から日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方(元横綱)から事情を聴いた。

 13日の段階で伊勢ケ浜親方は、暴行の有無についてはコメントをしていない。貴乃花親方は「診断書に書いてある通りです。本人も体調が悪いと言っていた。これ以上ありません」と話している。伊勢ケ浜親方と日馬富士は14日、福岡県田川市の貴乃花部屋を訪れたが、謝罪はできなかった。

 日馬富士は9月の秋場所で9度目の優勝を果たし、連覇がかかる九州場所では初日、2日目と2連敗していた。休場は今年の初場所以来、8度目。