[PR]

 野球の第48回明治神宮大会は14日、高校の決勝があり、明徳義塾(四国・高知)が創成館(九州・長崎)を4―0で下し、第12回大会(1981年)以来36年ぶり2度目の優勝を果たした。四国地区には来春の第90回選抜高校野球大会で「神宮大会枠」が与えられ、3校+1校の計4校が出場できる。

 明徳義塾はエースの市川が4安打完封。打線も創成館の3投手から着実に加点した。