[PR]

 競泳の短水路(25メートルプール)W杯兼日本選手権が14日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、女子50メートルバタフライで池江璃花子(ルネサンス亀戸)が自身の持つ日本記録を0秒18縮める25秒14で3位になった。優勝はサラ・シェーストレム(スウェーデン)。男子200メートル個人メドレーは瀬戸大也(ANA)が1分51秒40で優勝し、男子100メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が56秒49で制した。男子100メートル自由形は中村克(イトマン東進)がこれまでの日本記録を0秒05縮める46秒54で3位。

 男子1500メートル自由形の江原騎士(自衛隊)は800メートル通過時点で日本記録を2秒59上回る7分42秒28をマーク。800メートルの日本新記録となった。