[PR]

 2017年7~9月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価の変動の影響を除いた実質で前期比0・3%増と、7四半期(1年9カ月)連続のプラス成長になった。この状態が1年続いたとして換算した年率では1・4%増。個人消費がマイナスに転じるなど内需は弱く、外需が主導した形だ。

 内閣府が15日、発表した。プラス成長が7四半期続くのは、ITバブル期の1999年4~6月期から01年1~3月期までの8四半期連続以来、約16年ぶり。

 内需のうち、個人消費は0・5%減で、7四半期ぶりにマイナスになった。0・7%増だった前期の反動で自動車やスマートフォンなどへの支出が減少。台風や長雨など悪天候に見舞われた地域も多く、レジャー関連の宿泊業や外食産業も振るわなかったという。

 公共投資も2・5%減と、3四…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも