[PR]

 東芝は14日、テレビ事業を中国の家電大手ハイセンスグループに来年2月にも約129億円で売却すると発表した。「レグザ」ブランドは維持する。テレビ子会社「東芝映像ソリューション」(青森県三沢市)の発行済み株式の95%を売却する。

 債務超過に陥っている東芝は、資産や事業の売却を進め、財務基盤の改善を進めている。

 東芝は今春から採算が悪化しているテレビ事業の売却先を探していた。海外でのテレビ事業はすでに撤退済み。国内では赤字が続き、売却先が見つからなければ撤退も検討する方針を示していた。