[PR]

 JR東海子会社の名古屋ステーション開発は、名古屋駅構内の広小路口にある飲食店街を、12月7日から「名古屋うまいもん通り」と名付ける。広小路口側が同日リニューアルするのに合わせ、太閤通口側や中央コンコースの飲食店街と同じ名称にして認知度を高めるねらい。

 現在、広小路口側の飲食店街は「キュイジーヌマルシェ驛(えき)」という名称がついている。今回のリニューアルで、広小路口側にはジャンボエビフライで有名な「まるは食堂」(愛知県南知多町)や、みそ煮込みうどんの「山本屋本店」(名古屋市中村区)など4店が新たに出店する。このリニューアルにより、「名古屋うまいもん通り」は全45店舗になる。