[PR]

 10月に岡山県倉敷市で開かれた第65回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)職場・一般の部で、金沢で活動する市民吹奏楽団「百萬石ウィンドオーケストラ」が15回目の全国大会出場で初めての金賞を受賞した。創立30年の節目の輝かしい栄冠は「無欲」でつかみ取った。

 これまでの14回の全国大会では銀賞4回、銅賞10回。全国各地の強豪バンドが上位入賞を狙う空気感に圧倒されて「脱銅賞」は目指したが、誰も「金賞」は口にしなかったという。昨夏は県吹奏楽コンクールでも自由曲「ジェ・エテ・オ・バル」で自分たちの演奏ができず銀賞。全国大会に進んだが結果は銅賞に終わった。

 昨年の大会後、団長の竹島裕さん(49)は「自分たちは全国大会に出場することで満足してはいないか」と感じた。全国大会出場を決めた後の練習では欠席者が目立ち、大会直前になってようやく尻に火が付いて練習したこともしばしばあったと振り返る。

 今年は基本に立ち返って練習に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら