[PR]

 JR元町駅から神戸駅までの高架下に並ぶ個性豊かな店々。「モトコー」の愛称で親しまれてきた元町高架通商店街(神戸市中央区)の風景を、コピーライターの竹内明久さん(66)が切り絵作品にした。26日までモトコー内のカフェで展示している。

 展覧会のタイトルは「犬の記憶。人の眼差(まなざ)し。」。モトコー2番街にあるカフェ「プラネットEartH」内のギャラリーが会場だ。

 高架下の店先で社交ダンスの練習に励む洋服店主、積み上げた商品に店内を占拠されてしまったワープロ専門店……。モトコーの日常をモノクロで表現した27点が並ぶ。

 竹内さんは神戸の魅力を発信す…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら