[PR]

 「72時間ホンネテレビ」はSNSで大きな反響を呼び、根強いファンの存在を印象づけた。20年来のSMAPファンで、9月に「SMAPと、とあるファンの物語」を出版したライターの乗田綾子さん(33)は「好きだったアイドルが戻ってきた」と、3人の笑顔を喜ぶ。

     ◇

 純粋に楽しかったですね。ダイジェストのときに少し休みましたが、あとは全部見ました。ファンですから。

 昨年の解散報道以降、テレビで見るSMAPはそれまで見てきたSMAPとは表情が違っていました。画面を通してみていてもつらかった。それが、今回のホンネテレビでは2016年には見られなかったメンバーの明るい笑顔を見ることができた。私がずっと好きだったアイドルが戻ってきた、と思いました。SMAPはいつも等身大で自由で、普通なら隠すようなことでも自分の判断で言ったり見せたりする。そこが好きで、「SMAPらしさ」だと思います。

 その意味でも、いちばんうれしかったのは、森さんの登場です。いまだから話せる当時のエピソードは最高でした。21年前、森さんがSMAPをやめるときもテレビを通して見ていました。その続きを見ることが出来た。見たかったファンは多いと思います。フジの27時間テレビで森さんからの手紙に涙していたグループの姿はもちろん、森さんが被るレース用のヘルメットには今もSMAPのメンバーカラーで彩られた星がデザインされていることを、ファンは知っていましたから。

 最後のライブも感動的でした。…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら