【動画】窓 がん闘病の校長先生を支えた縁
[PR]

 3月9日、広島県福山市。

 友道健氏(けんじ)さん(58)は、校長を務める市立大成館(たいせいかん)中学校の体育館でステージから語りかけた。

 「どんなことがあっても、最後まであきらめんことや」。生徒に贈る言葉でも、自らの決意でもあった。

 そして誓った。「絶対に、ここに帰ってくる」

 1月に血液のがん「多発性骨髄腫」がわかり、入院した。この日は、翌日に卒業を迎える生徒たちに会いたいと、一時退院して学校を訪れた。

 そのころ、九州大大学院助教の佐藤剛史(ごうし)さん(43)は、友道さんから病状を聞いて驚いた。以前から交流があり、大成館中で講演したこともあった。

 闘病には目標が必要だ――。佐…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら