[PR]

 セッションズ司法長官は14日、下院司法委員会で民主党の大統領候補だったクリントン氏側の不正捜査のための新たな特別検察官の任命を司法省内で検討していることを明らかにした。

 捜査対象と想定されているのは、クリントン氏が国務長官時代に私用メールを使っていたことや、慈善団体「クリントン財団」の不透明な取引など。共和党議員が特別検察官の任命を司法省に要請、セッションズ氏は任命に値するかを検証するように省内で指示したという。

 既にマラー特別検察官が、トランプ政権とロシアとの関係を捜査している。トランプ氏はクリントン氏側を捜査するように繰り返し主張していた。

 セッションズ氏は公聴会でトラ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら