[PR]

 今年、RSウイルス感染症が大流行している。冬本番を前に、猛威をふるうウイルスから子どもたちを守ろうと、製薬会社アッヴィ(港区)と、はんこなどのメーカー、シヤチハタ(名古屋市)が、保育園に「手洗い練習スタンプ」の配布を始めた。

 RSウイルス感染症は、2歳までにかかることが多く、乳幼児や高齢者がかかると重い肺炎になることがある。国立感染症研究所によると、全国約3千カ所の定点医療機関からの週ごとの患者報告が今年は7月ごろから急増し、9月には過去最多になった。手洗いが予防の基本という。

 主に早産や心疾患の乳幼児の重症化を防ぐ薬、シナジスを扱うアッヴィでは、シヤチハタと協力し、啓発キャラクター「アルエス」の「手洗い練習スタンプ おててポン RSウイルス啓発版」(非売品)を企画。予防パンフレットとともに保育園に配布し、感染対策を広げることにした。

 世田谷区の茶々そしがやこうえ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら