[PR]

 アフリカ南部ジンバブエの首都ハラレで15日未明、国営放送局が兵士らに占拠された。軍車両が首都の通りに展開されたほか、複数の爆発が起きたとの情報もある。軍は否定しているが、クーデターとの見方も出ている。

 AP通信などによると、首都では14日、弾薬を積んだ複数の軍車両や兵士の姿が目撃されていた。爆発はジンバブエ大学周辺などで起きたとみられる。軍報道官は放送局の占拠後、「軍による政府の乗っ取りではなく、(大統領の)ムガベ氏周辺にいる犯罪者を標的にしている。ムガベ氏は無事だ」との声明を出した。

 同国は欧米から「独裁者」と指摘されるムガベ大統領(93)が1980年の独立以来、実権を握ってきた。現在は世界で最高齢の首脳で、来年予定されている選挙への出馬も表明。だが、近年は健康状態が不安視され、後継候補が注目されていた。

 有力視されていたのは、副大統…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら