[PR]

 神戸製鋼所が製品の検査データを改ざんしていた問題で、経済産業省は15日、同子会社「コベルコマテリアル銅管」の秦野工場(神奈川県秦野市)がつくる銅管の日本工業規格(JIS)認証が追加で取り消されたと発表した。

 この子会社のJIS認証取り消しは、10月26日に続いて2度目。今回取り消しの対象となったのは水道管などに使われる銅管で、JISが定める基準を満たしていないのに、JISマークをつけて出荷していたという。

 神鋼の不正問題を受け、同工場には認証機関が10月19、20日に現地調査を実施。その後に提出された資料なども分析した結果、今回の銅管についても「基準を満たさず、内容も重大だ」として認証を取り消した。

 経産省は、JIS認証を受けた国内外の工場のうち、秦野工場を除く19工場にも調査に入るよう認証機関に要請している。